新着情報

ペンキを塗るポイントは。。。

先日の『体育の日』は、今年までで、
来年からは『スポーツの日』と改称するらしいですね。
今よりもっと スポーツが発展する事を期待します。

さて、下の画像は 20年程前に手掛けた 複合遊具。
(一社)日本公園施設業協会『JPFA-SP-S:2014』安全規準によると、
遊具の標準使用期間は15年と書かれています。
でも、ちゃんとメンテナンスをすれば、20年経っても現役なんですよ。

この様に、プロに任せるに越した事はありませんが、
先生達やPTA奉仕作業で、ペンキを塗る事がありますよね?

そんな時の注意点は、大きく3つ。
① できるだけ錆を落とす。
(錆の上から塗っても十分な効果あ得られない可能性があります)
② 前回塗ったペンキと同じ種類を使う。
(種類によっては相性が悪く、古い塗膜を浮き上がらせしまう場合がある)
③ 地面をコンクリートが見えるまで掘って塗る。
(地面の際部分が最も腐食し易い箇所です)
少しでも長く安全に使えるように、自治体・学校(園)・PTAと共に
見守って行ければな、、、と 考えています。

ページトップへ戻る